住宅の相場

厚木で新築する一戸建て住宅の相場

厚木で一戸建て住宅を求めるには相場を知ることで選ぶ基準にすることができますが、相場だけでは判断できない部分もありますし、土地の形状や構造体の種類、設計方法の違いによりかかる費用が異なります。厚木は全国でも平均価格が高い地域となりますが、土地の面積が狭いことも特徴としてあります。地価の影響から広い土地は購入できませんので、設計プランの充実度によって計画することが大切です。

厚木では狭小土地が多くなっていますが、全国の着工統計を見ても分かる通り工事費対する建物の坪数が小さくなっています。坪単価が高いことを意味していますが、さらに構造体による違いも大きくなります。都市部では準防火地域や防火地域がありますので、木造ではなく鉄骨造や鉄筋コンクリート造の比率が他の地域より高くなります。木造が最も経済的な構造ですから、割高な構造て建てている人が多い特徴があります。

注文設計で計画する際には相場も大切ですが坪単価を目安にして計画するのが一般的です。坪単価は総工費を坪数で割って出される価格ですから、坪単価が高ければグレードの高い建物になります。設計プランの計画にはプランの良さとともに総工費が関わりますので、坪単価を参考にしながら計画しています。相場は地域によって異なるのが基本ですが、厚木などの都市部では割高になる傾向があります。あくまでも目安ですから、土地の形状により設計プランが複雑になるとその分割高になってしまいます。

一戸建て住宅は注文設計で計画する場合と分譲物件を購入する場合がありますが、土地によって実現できる物件が変わります。もちろん建築費用も変わりますので、相場にこだわらずに個々の物件に対してコストを考えることが大切です。同じ仕様はほとんどありませんし、間取りや建築費用も同じことが言えます。

注文設計で一戸建て住宅を計画する際には、設計プランの計画をどうするかによって費用が変わります。設計事務所に依頼すれば設計料がかかりますが、工務店では工事価格に含む場合があります。厚木では狭小地を選ばなければならない場合もありますので、ハウスメーカーの物件は選択できない場合が多いため、必然的に注文設計となってしまいます。住宅は目安となる価格や坪単価を参考にできますが、あくまでも目安でしかありませんので、それぞれのプランで検討することが大切です。土地の購入があれば建物にかけられる費用が決まりますので、無理なく計画することが大切です。”