三世帯住宅を建てる

人気の厚木に一戸建ての三世帯住宅を建てる

利便性が高く、エリアによってそれぞれに異なる魅力を持つ厚木は、自分の好みに合った場所を見つけやすく、年齢を問わず人気の高いエリアです。厚木駅はJR千京急線をはじめ多くの私鉄が乗り入れる、県内最大の駅です。厚木駅のある西区は単身者が多いのが特徴で、家賃の相場としては単身者向けが8万円前後から、二人暮らし向けが12万円前後から、ファミリー向けが14万円前後,3LDK以上の広い部屋は20万円前後からといわれています。

二世帯住宅は今ではよく知られるようになった住まいの形ですが、近年三世帯住宅というものも注目されています。三世帯住宅のメリットの一つは、3つの世帯で家の建築費用を分割できるという点です。それぞれが家を建築する場合よりも世帯当たりの負担が減るので、その分自分たちの希望を取り入れやすくなります。また、二世帯住宅だと、夫婦どちらかの親だけとの道教になるので、もう片方の親にとっては、ちょっと家が遠のいてしまいがちになるかもしれません。三世帯にすることで、夫婦それぞれの親をどちらか片方だけを選ぶという面倒な問題を避け、双方の両親の顔を立てることもできます。しかし、違う年代の家族が一つ屋根の下に棲むとなると生活のリズムの違いなどによる問題は二世帯で住む場合と変わりありません。世帯が多くなる分もしかするとそうした問題は拡大する可能性もないとは言えません。しかし双方の親が一緒にいることで、妻だけあるいは夫だけが世帯の中で孤立して、居づらくなってしまうということを避けられます。また、同居している親世帯に育児の手助けをしてもらえたり、留守を預かってもらえたりするのも二世帯住宅ならではのメリットはそのまま三世帯住宅にもそのまま当てはまります。

厚木に一戸建て住宅を建てるともなれば、それなりの広さの土地も必要ですが、世帯当たりの金額が少なくて済むのは大きな魅力です。親にとっては孫の顔を常にみられるのはうれしいことだし、子供世帯に協力することも生活の張り合いになります。こうしたメリットをうまく出すためには、一戸建ての家のつくりにも工夫が必要です。それぞれのプライバシーに配慮しながらも、三世代が気兼ねなく集まれるような共用部分を作ったりするのも悪い事ではありません。都心へも近く、人気の高い厚木エリアで三世帯同居の一戸建て住宅を建てるには高額の費用も必要であり、同居の前に十分に話し合うことが大切です。どんな構成の住宅にするとしても、そこに生活する世帯が増えれば増えるだけ、もめごとのきっかけは増えることになるので、十分すぎるほどに話し合うことが大切です。そしてそのポイントとしては、まずは同居をするかどうか、次に同居する家について、最後に費用負担と生活していくうえでのルールなどです。”